Copyright(C) 2014 JMT SYNTH. All rights reserved.

  • Twitter Clean
  • w-facebook

VDR-1

 


自己発振型のVCFを内蔵したシンセドラムです。広帯域のオシレーターを搭載し、SWEEPが強烈にかかる仕様にしています。

本体を叩くか外部トリガー(シーケンサーかピエゾ)で様々な音色を作り出します。

オシレーターは高音から低音まで太い音で波形はTRIANGLEかSAWTOOTHを選択できます。

SWEEPはとても強くかかるように設定していますのでCUT OFF COARSE と連動して調整してください。

SUSUTAIN 音の立ち上がりからの減衰時間の設定

SENSITIVITY  TRIGGER(トリガーにプラグを差し込むと本体の内臓トリガーはOFFになります。)の入力感度の調節です。

LFO.F はフィルターへ、LFO.OはオシレーターへのLFOのかかり具合を調節します。

FINEはCOARSEより細かいオシレーターの音程調整です。

RESONANCEは最大で発振し、CUT OFFで音程が変えられます。

 
電源はDCセンターマイナス9Vか9V電池が使用できます。

 

SYNTH DRUM

self-oscillate VCF with CUT OFF and RESONANCE

VCO  triangle - sawtooth waveform

LFO.F    LFO level for VCF

LFO.O    LFO level for VCO

CV IN.F  cvin for  VCF

CV IN.O  cvin for VCO

SENS.     sensitivity for trigger to synth-drum

 

SWEEP

SUSTAIN

FORM  waveform of LFO

RATE  rate of LFO

NOISE   level to VCO

 

runs on DC9V negative center or a 9V battery.

25500 yen