RVO            25500円

 

ワイドレンジのVCO(発振器)1個にロータリースイッチで6個のサブオシレーターでさまざまな音に変化でき、更に種類の異なる発信器1個をトグルスイッチで更に入力できます。

 

MAIN FREQはメインの発振器VCOの周波数を調整します。

 

下の並んでいる6個のツマミはMAIN VCOに入力するそれぞれのサブオシレーターの周波数を設定します。それぞれレンジが異なります。

 

これを左上の矢印つまみのロータリースイッチでそのサブオシレーターを入力するか選びます。選んだオシレーターは青色LEDが点灯します。右に回しきるとLEDが消えて、下の6個のオシレーターのいずれも入力されていない状態になります。

 

SUB VCOはトグルスイッチでオンオフできます。これはロータリースイッチがどの位置にあっても常に入力可能です。

 

この組み合わせでさまざまな音色が作れます。

 

 

This ANALOG SYNTH runs on DC9V negativecenter or a 9V battery.

 

MAIN wide range VCO accepts 6 SUB OSCILLATORS with the ROTARY SWITHC and 1 SUB VCO with the toggle switch.

 

The LED lights when the oscillator is selected with the rotary switch.The right position of the rotary switch=oFF.

 

It makes lots of sounds.

 

 

 

 

                 RVO-1

Copyright(C) 2014 JMT SYNTH. All rights reserved.

  • Twitter Clean
  • w-facebook