top of page

RNB-1

IMG_20230414_092857.jpg
IMG_20230414_092920.jpg

 

VCO-1 とVCO-2、SUB OSCILLATOR で3つにそれぞれ波形変換と増幅回路をつけて複雑に交差して様々なサウンドが出るように設計しています。

VCO-1はリングモジュレーター的に音がミックスされるようにアナログシンセのVCAを使用してVCO-2と混ざるようにして、SUBはVCO-1 とVCO-2にかかるようA.Bスイッチで切り替えられます。

OCT, TONE はオクターブファズをこの3つのオシレーターに効果的にかかる設計回路、そのあとにつながっているFUZZ FREQは4つのICを利用した発振音が追従する歪み回路です。

OCT TONE FUZZ , FUZZ FREQ のつまみは単純につまみを回すと歪みが増幅するようなものではありません。オシレーター部分で作った音によって効き方が変わります。

センターマイナス9Vか電池で動作します。

どちらも付属していません。

アルミダイキャストケースはは無塗装無処理ですので小傷などあります。



 

 

 

 

VCO-1, VCO-2, and SUB OSCILLATOR are designed to produce a variety of sounds through complex intersections of waveform conversion and amplification circuits for each of the three.

 

VCO-1 uses the analog synth's VCA to mix with VCO-2 in a ring modulator-like manner, and SUB can be switched by the A.B switch to apply to VCO-1 and VCO-2.

OCT, TONE is a design circuit that effectively applies octave fuzz to these three oscillators, and FUZZ FREQ, connected after it, is a distortion circuit that utilizes four ICs to track the oscillating sound.

 

The OCT TONE FUZZ and FUZZ FREQ knobs are not simply a knob that amplifies distortion when turned. The way it works depends on the sound created by the oscillator section.

 

Operates on 9V center-minus or batteries.

Neither is included.

The the aluminum die-cast case are unpainted and untreated, so there are some minor scratches.

37500 JPY

 

RNBOO.png
bottom of page