​山本精一

サラウンドシステム ソロライブ

2019年11月24日(日) 

14:00 開場 15:00開演 2000円

紫明会館

京都市北区小山南大野町1番地 市営地下鉄烏丸線鞍馬口駅より徒歩7分

8Kスーパーハイビジョン映像のためのフルスペックサラウンドシステムとして5.1ch 7.1chを超えた高音質と臨場感のために考案された22.2chサラウンドシステムは22個のスピーカーを鑑賞者を取り囲むように配置し、異次元の世界が体感できる最新音響システム。

某技研での22.2chシステムの実演を担当した水田音響が本会場に合わせた22chとギターアンプ2台でサラウンドシステムを構成。

会場は戦前の雰囲気をそのまま残した鉄筋コンクリート造で京都の文化財建造物に指定されている「紫明会館」 

 

山本精一

 

1986年からBOREDOMS ROVO 羅針盤 想い出波止場 PARAなど多数のバンド/ユニット/ソロで活動、映画音楽では「マインドゲーム」(湯浅政明監督)、「殺し屋1」(三池崇史監督)、「アドレナリンドライブ」(矢口史靖監督)を手がけ、画家、写真家、エッセイストとしての活動も幅広く行っている。

当日はギター、シンセ、サンプラー等 多数の機材で演奏。

 

design:  Takashi Makabe / Zodiak

​イベント特別仕様 CBS-4

動画はプロトタイプで、商品は写真のようなアルミダイキャストケースにシルク印刷されたアクリル板が操作面になります。

JMT SYNTHのイベント特別仕様ノイズマシン


音が複雑に絡み合うように回路上で構成された複数のオシレーターをツマミとスイッチの微調整で多彩なサウンドを作り出すよう設計された、シンプルな見た目からは想像できない野太い音でスピーカーを鳴らすシンセです。
 

フィルターには高音から太い低音までツマミで合わせた周波数帯を強調できるオリジナルフィルターを搭載していますので音作りがしやすく、コントロールできるギリギリの凶暴さと偶然性、調整によってノイジーから繊細でクリーンな音色、ベース、リズム的なサウンドまで追求しがいのある機種に仕上げました。

 

限定100台 価格10000円

こちらの商品の送料はクロネコ宅急便着払い(京都発)の実費がかかります。

当ホームページの他の商品に適用の割引送料(600円 北海道、離島1000円)

ではございませんのでご注意ください。

お支払い方法は銀行振込みでお願い致します。」

ご注文フォーム